・・・表現の一交差点。めざせ交通安全!
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このページのトップへ
くわちゃんのこと。
たぶん初めて、自分で動物を飼っていた。
たぶんコクワガタ。
7月26日、うちの庭の木にとまっていた。
その日工事で来ていた職人さんが見つけた。
職人さんがつかまえてくれたから、近くにあったざるに入れた。
ざるをもうひとつ、ふたにしてかぶせて、ざるで飼うことになった。
どうやって飼っていいかよくわからなかったから、
なんとなくひとに少しずつ聞いてそんなような感じにした。
きゅうりをいれて。
ゼリーをいれて。
きゅうりのはっぱで影をつくって。
きゅうりに切り込みを入れてはちみつをぬるといいらしい。
なしの皮とかもよろこぶらしい。
きょうはなすを料理に使ったから、このへたもあげてみよう。
もうすぐ兄者も帰省するし、それまで飼ってみようかな。
こんなんでだいじょうぶかな。
昼間はしずか。はっぱをおふとんみたいにして隠れて、たいがいじっとしている。
夜になると、ざるをずっとぐるぐるかさかさ歩き廻ったりしてるみたい。
きゅうりやゼリーが目に見えて減ったかんじはあんまりしないけど、なんだか元気そう。
ざるのふたを取ると、つの(ほんとはあごらしい)をもがーと開ける。
なんだかおっとりしていて、ぜんぜんこわくない。可愛い。
ちいさな眼がきらきらしてる。
なにせ、ざるのふたを開けないと見えないから、
一日に2回、朝と夜に様子を見て、はっぱふやしたりごはん変えたり。
朝いそいでうちを出るときもちらっと見て。
夜つかれて帰ってきたときでもきゅうり取り替えて。
あーペットを飼ってるひとってこんなかんじなのかなーと思った。
ちょっとめんどくさいと思うこともあるけど、絶対的に自分が面倒みなくちゃいけないし、
面倒みてみるとなんだか可愛くて、暮らしのささえになってくるかんじ。
くわちゃんは夜行性で、夜暗いときにかさかさ何かやってるから、くわちゃんのざるが置いてあるわたしのアトリエで夜遅くまであんまりシゴトしないように気をつけるようになった。
そのうち兄者も帰ってきて、とてもよろこんで見ている。
くわちゃんのためにきゅうりにはちみつ塗ったりしてるのを見て、
「こりゃ外で生きとるよりよっぽどいいもん食べとるかもしれん。」と云うので
兄者に会ったら外に逃がしてあげようかなと思っていたくわちゃんは
それからも我が家に居ることになった。
相変わらず元気そうなくわちゃん。
ある日、いつになく元気そうに昼間もぐるぐるかさかさ歩き廻っていた。
ちょっとめずらしいなーと思った。
でもそのとき、ざるの下にへんなものを見つけた。
くわちゃんの前足のかぎの部分が落ちていた。
つかまえたとき五体満足だったくわちゃんは、足が少し無くなってしまっていた。
ひょっとしたらざるにひっかかってムリして取ろうとしたのかも知れない。
そう思うと可哀想でたまらなくて、ふつうのプラスチックのかごを買うべきだったのかとか、それに土を入れてあげないとだめなんじゃないかとか、やっぱり「もう外に逃がしてあげたら。」と云う母や相方の意見を聞かなくちゃいけなかったんじゃないかと考えた。
でも、五体満足でなくなってしまったくわちゃんを今さら外に逃がしたら、きっと大変なんじゃないかと思った。
だから、すごく反省して落ち込んでくわちゃんに謝りながら、それでもくわちゃんを飼い続けることにした。
その日は家族で盆踊りに出かけて、夜おそくに帰ってきたから、夜はくわちゃんをびっくりさせないように、ざるのふたを開けるのはやめた。
でも音がかさかさしてたから、元気なんだなと思った。
その次の日の朝、ざるのふたを開けたら、くわちゃんがおかしかった。
ひっくり返って、足をふにゃふにゃやっている。
起こしてもまたひっくり返ってしまうし、どう見てもあきらかにおかしい。
泣きそうになった。
くわちゃんが昼間からやけに元気に見えた昨日。
足がとれてしまったのは昨日なのか。
足がとれて痛くておかしくなってしまったんじゃないのか。
そのまんま、ざるで飼ってたからこんなことになってしまったんじゃないのか。
くわちゃんにダメージを与えてしまったのは他ならぬ自分じゃないのか。
ひっくり返って、足をふにゃふにゃやっているくわちゃんを見ながらいっぱい考えた。
兄者は「たぶんもう寿命なんやわ。」と云ってるけど、また元気になるかもしれない。
きゅうりのごはんをとりかえたりして、くわちゃんの復活を祈ることしかできない。
でもくわちゃんの足のふにゃふにゃした動きは、次第に弱まっていくようだった。
翌日、わたしはライブで泊まりがけで出かけなくてはいけなかった。
朝くわちゃんのざるをのぞいたら、動きは止まっていた。
とうとう寿命になってしまったのか、、と思った。
母上もやってきて、「あ〜あ。」と云って、ちょっと無神経にざるに触った。
そしたらざるが動いて、くわちゃんが少しだけ足を動かした。
母上が「ちょっと〜、まだ生きとるやん!!」と云って笑った。
くわちゃんは、きっとほどなく死んでしまうだろう。
でもわたしはこれから出かけて、明日の夜まで帰ってこれない。
今生きている惰性のように動かしたほんの少しの足、くわちゃんの動きは、きっともうこれが見納めだと思った。
そんないっぱいの思いといっしょにざるのふたをそっと閉めて、出かけた。
兄者に「くわちゃんのこと、よろしくね。」と云ったら、冗談めかして「なんまんだぶ、なんまんだぶ。」とざるに手を合わせていた。
翌日の夜、帰ってきてざるをそっと開けると、ざるの中央にくわちゃんだけが居た。
はちみつをぬったきゅうりも、はっぱのおふとんもきれいになくなって、ひっくり返ってはいないけどもう動かないくわちゃんが、ざるにぽつんと居た。
悲しかった。
くわちゃんは、兄者の殿堂(昆虫コレクション)入りすると云うことだ。
わたしの2009年夏、1月弱の想い出。

今日は父上の命日。
夜に爪を切ると親の死に目に遭えないと云うから、今日も昼に爪を切ったよ。

ま拝
| いままで | 16:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
旅の記し
皆既日食に近いものを見に、初九州に出かけて居ました。
同行てん氏。以下長文。

--090720
おばあちゃんが夜中にお味噌汁作っておいてくれたみたい。ありがとう。
夜中起き、おにぎり作りだめ。のうち1コ食べたおかあさんに見送られ早朝出発。
始発の養老鉄道経由、18きっぷ利用期間初日朝6時台に
大垣駅改札通過ってちょっとマニアっぽかったりするかしら?
駅員さんが「行ってらっしゃいませ。」と云ってくれてうれしいきもち。
18きっぷで九州めざす初企画、今迄の18きっぷ自分史の中で一番無謀。
よって鈍行をどんどん乗り継いで西へ西へ西へ。
関ヶ原を越えると天気がねずみ色になり、水も降ったりしてきて、
それでも順調に本を読むスキもなくぼんやり寝たり食べたりしていたが
ひどくなってきていた雨のおかげで広島ー岩国間が運行停止!
代替輸送帰還として路面電車&バスを乗り継ぐが、かなりのタイムロス。
川の水位はどこもかなり高い。まぁまだ動けるだけよいのだろう。。
そんなこんなで予定より2時間ほど遅れて博多入り。街は安いホテルでクリア。
空腹かかえてラーメン屋へ行って、替え玉もするりと御馳走様!

--090721
久々に吉野家の朝定を食べたが納豆の容器が昔より豪華風だった。
今日は九州をひたすら南へ南へ南へ。
鹿児島本線と云う名だが、なんだかローカルなかんじがしていい。
しかし昨日から感心しているのはJR九州の列車デザインの高さ。
これホントに鈍行?こんなお洒落なのに??すばらしい!そんな電車ばかりで、
本州でよく見るタイプのものには全く出会わない。なんなのこの差は!
きょうも持ってきた2冊の本を読める気配は全くない。
車窓から山や海を眺め、てん氏と話し、おやつを食べ、眠る。
鈍行の旅は要するに、ぼけーとする時間を長く持てる訳で、実は非常に贅沢。
途中、肥薩おれんじ鉄道と云う第3セクターを利用しさらに南下。
このあたりの昼下がりは寝ているのか起きているのかナゾな位のぐたんぐたん状態。
またJRに戻って通勤通学帰りの人に混じり(見た目は全く混じれてないと思う。。)
鹿児島からさらに南下するが、天候が非常によろしくない。
考えた末、海辺のテント泊で明日に備えるのはやめて急きょ旅館の戸を叩く。
悩んだ戸の向こうには、急に慣れない接待の豪華さが。
(いや普通なんですが自分達が慣れてないんです)
思いがけず贅沢をしているような気分でゆっくり海の幸なぞ戴く。

--090722
明け方からずいぶんと雨脚が強く、旅館泊の選択の有り難さを得る。
ニュースをひたすら見るが、天気がよいでしょうとは全然云ってくれない。
見る前から既に後悔しているてん氏を尻目に、サイゴまであきらめないぞ!
リュックに雨対策をして旅館を後にする、この旅初の傘さしが日食当日とは。
運よく本数の少ないバスが、下調べを全くしてないのにバス停にとまっていて
自分の好運を信じることにしてバスに乗り込み、開聞岳の麓を目指す。
途中少し晴れ間めいたものを感じた観光地のあたりでバスの同乗者は全員降りる。
その不安を増幅させるかのように、向かう開聞のあたりは暗い雲が広がっている。
てん氏の「さっき降りといたほうがよかったんじゃ」の意見をだまって聞き流し
晴れて開聞岳が見えてくるのを願ってバスは進むがますますダメ。
目的最終停留所に着いたときには、引き返す意思がほぼ固まっていた。
日食は既に始まっている時間、若干焦りつつもまた同じバスに乗り引き返す。
変更目的地の長崎鼻でバスを降り、できるだけ眺望のよい先へと進む。
神社の先の、灯台の先の、海に挟まれた岩の地層に辿り着く。
背後には半分ほど雲で覆われているもののゾクゾクする開聞岳。
そして肝心の空はすごいスピードで雲が動いている下層と、上層の灰色。
見えるのか見えないのか知らないが、此所まで来た以上、空を眺め続けるしかない。
すると10時半ごろ、三日月のような太陽が雲のかすみの向こうに垣間見える。
感嘆の声が上がると共に、ひょっとしたらもうこれがサイゴかもと思う。
方向を見定め、ただ見続ける。この辺りの日食最大時刻になったがムリそうだ。
なんだか空はますます暗い。とその数分後、見える!それも1分くらいつづけて、
奇跡のように雲の微妙で高速なかすみの向こうに細い太陽が見え続ける。
空が暗いのは雲が厚いからではなくて、太陽が細かったからだった。
その後、時折見える少しずつ戻っていく太陽と共に若干気温が上がる感覚。
背後なので気づいていなかったが、暗いと自動的に灯る灯台が点いていたらしい。
そのまま、また見えるかも知れない日食中の太陽の出番を待っていたが
10分くらいして雨がダーッと降り出して、とてもそこには居られなくなり退散。
雨はしばらく降ってから止む。バスのタイミングを待ってランチ&ティータイム。
タイミング待ったバスに乗ろうと停留所に行くと、なんと愛知の知り合いが。
同じバスに乗って、当然話もはずみ、再度開聞岳の麓を目指す。
相変わらず頂上までは見えない開聞麓で別れ、周辺をしばらく散歩。
薩摩一の宮だった神社では宮司さんが礼儀正しくあいさつしてくれうれしい。
今ごろになって晴れてくる天気の中、のどかな風景をとぼとぼと歩いていく。
引きで見る開聞岳、相変わらず頂上は見えないがとっても美しい。
そうめん流しの元祖と云われるナゾの渓谷でそうめんを戴く。
九州一のカルデラ湖のわきを通ってバスでちょっと寝つつ指宿へ。
こんなことでもないとなかなか来れない九州の南のはじの、有名な砂むし温泉。
砂は思いのほか重く、あったかく、うっかりしてたら私寝てしまいそう!
しっかりと汗をかいて、たぶん毒素とやらも出て、温泉でスッキリして。
テントをようやく張れる海辺を発見、重い荷物は置いて夕ゴハンを食べに。
店はめずらしく外したが、観光地はまぁしょうがない、日食テレビ見れたしいっか。

--090723
ちょい早めの朝もちゃんと起き、海辺の朝ゴハンも予定通り終え、
駅に向かって歩き出した時間をうっかりちょいとカンチガイして
大事な電車をすんでのところで乗り逃がす!靴擦れしそうなくらい早歩きしたのに。
途方にくれているヒマはないので、頭を切り替え愛読書の時刻表とにらめっこ。
新幹線の利用が未来を切り開く手だてであることを確信し、
駅員さんに料金など調べてもらって熟考ののち、結果的に予定より安く早い
手段を選択、自分達の旅相場の中では高めの金額を使い今日の列車の旅が始まる。
指宿の駅員さん、とっても親切で的確で、「では、行ってらっしゃい!」と。
そのやりとりにロマンを感じゾクゾクッとしながら心から感謝し改札を通って先へ。
今日の列車の旅は豪華!まずは九州新幹線「つばめ」と「リレーつばめ」乗り継ぎ。
鈍行列車も素敵だが、当然新幹線もクオリティーが高い。やるなァ九州!!
そのあとさらに「九州横断特急」へ。このネーミングもいい。赤いボディ。
内装もやはりちょっとしたところがいろいろニクい。感嘆しきり。
弁当食べ終わったところでタイミングよく来る車内販売のコーヒーをつい買って
なんだかリッチだぞ今日は〜。…あれ調子に乗り過ぎてちょっと酔ったかな。。?
だって、窓から見える阿蘇の辺りの山が、ものすごくかっこいいんだ!!!
もう完全に満足状態で昼下がり、別府に到着。駅でしばらく別府観光予定たて。
地獄めぐりはゆとりが無いのであきらめて、地図片手にゆっくり別府のまちを歩く。
金物屋でつい好きなアルミ弁当箱デッドストックを熟考の末購入し、
竹細工屋でつい天ぷらが似合いそうなきれいなざるを急に購入し。
(全然知らなかったけど、別府の竹細工ってむちゃ有名だったんですね、失礼!)
地図に載ってたおいしそうな餃子専門店と、よさそげな手打ちうどんやをハシゴ!
今日はーなんてーぜいたくな日なんだ!だんご汁もとり天もやせうまも美味。
別府の街の温泉はむちゃ渋。シンボル的存在の温泉100円もド渋!
明朝はとても早いので、海辺のスキマでテント建てて就寝。

--090724
夏至から1月もたつと4時半はまだ暗い。テントたたんで駅へ向かう。
営業開始直後のきっぷうりばでつじつま合わせの特急券と、帰りの18きっぷ購入。
朝イチの「特急ソニック」で小倉へ向かうが、またも列車デザインに感嘆。
ほんとどーなっとんの九州は!
全然知らなかったが列車の旅がまさにお似合いな土地なのだ。
また崩れるらしい天気を尻目に九州脱出、数日ぶりの本州へ。
想像はしていたが、日常くさい列車の地域へ戻ってきてなんだかガッカリ。。
それも冷房がド寒で、ほんとに寒くて、あれは寒すぎるなぁ。おかしいよ!
布を持ってなかったらとても耐えられないが、布があるので寝て過ごす。
昼過ぎに到着した駅はなんと無人で、あったかいうどんなどあるはずもなく、
幸い駅出てすぐのとこにあったひなびたスーパーでおにぎりを買い込む。
そしてまたド寒日常デザイン電車で東へ東へ。寝すぎて記憶があまり無い。
関西のまちに近づく夕暮れ時はさすがに人が多く、しかしずっと座れて、
神戸も大阪も京都も通り越していくが、こうなるともう隣町くらいの気分。
そして寝てたら、とうとう大垣に着いてしまった!(どんだけ寝るんだか)
駅出てすぐのところでゴハンを食べ、てん氏とおさらばして養老鉄道へ。
また寝ていると最寄り駅に着き、眠いが必死に自転車こいでとうとう帰宅終了!!


と云う、ぼけっと寝て食べて動いて見て感じた貴重な時間の旅。
また九州に行きたいなぁ。と思った。こんどは山かな?!
鈍行でも全然行ける!ってのも実証できたな。(寝るのが好きな人なら?!)
特急などのありがたさや贅沢さもわかったし、ほんにJR九州、SUGOCAです。
今しか出来ないかも知れない、たのしすぎる列車の旅だったなー。

それと、皆既日食。こうなるとやっぱり、皆既を一度見てみたいぜ!

ま拝
| いままで | 22:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
平日の朝、つまりフツーのひとの出勤時間帯に
ギリギリ隣の県になった辺りの地域へ竹竹出張。
こども会のクリスマス会のゲストと云うか中心人物。
ノットサンタクロース、ウィーアーチクチクバンブー。

こどもたち、演奏にはア然としていたような・・!?(いつものことか)
クイズ形式のクリスマスソングはちょっとよかった。
ざぶとりゲーム(いすとりゲームでなくてね!)もフツーに
盛り上がってたな。
その後、楽器づくりは36名を隊員3人でギリギリ流れ作業。
もーこのへんアッ。と云う間!
サイゴに、できた楽器をみんなで鳴らしておっしまい。
楽器とは、みんな理屈ぬきでたのしんでくれるから、よいなあ。

ま拝
| いままで | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
我乍ら、本当にムラがあってねぇ。
気が向かないととんとやらん。
やるならやるでとことんやる。
とんとんとことんとんとことんっとくらあー
そんな自分にくらくらあーー
あ〜らよっとくらあ!
・・・うー。もうちょっと均等にしよね。。

ま拝
| いままで | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
岐阜のとある雑誌の取材。
1月発売号に載るそうで。
ことしも1月に地元誌に載りましたなー。
どうもオフシーズンは、メディア運が少しあるのでせうか?
少しずつ、その運が廻っているのかなあ。

体調が芳しくない方向でしたので、あまりアタマは廻らず。
でも取材自体がめずらしいユルスタイルだったので、
こちらも負けじと(?)ユルスタイルで。
どう記事化されるのかたのしみに、来年の発売を待つと致しましょう!
ま拝
| いままで | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
毎年恒例のあのおもちつき。
わたしのもちつきの原点。
ココはほんとにふしぎらんどかも。
数時間だったけど、相変わらずたのしかった。
あと、返しをムリせずできるようになってきた。

夜はカード選考会に参加。
わたしが行っても役に立てるのかなと疑問もありましたが、
それなりに役に立てたようなかんじがしました。
と云うか、カードのデザインは私がやることになるらしい。
おぉっと1月中旬までは忙しくなるってこと!?
シゴト無理にさがさんでよかったかも。
でもソフトはどうするんだろ。。

ま拝
| いままで | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
「全くヤル気のない人代表」みたいな午前と、
「バリバリヤル気ある人」みたいなその後。
均等に動いたら、ふつうなんだと我ながら思うんだけど。。

カレンダー機能をまず色々試行錯誤。役に立つかなァ?
そしてやっとあの3ツの段ボールを開封すると、
2年前がそこからいっぱい流れ出してきた。
この写真のここのとこ。この鉛筆の線の意味。。

だっ、ダメだ。2年前だったのだ。
気づくのがあまりにも遅すぎるのであった。。
でも決してこの本気と記念を、逃してはなるまいぞ!

ま拝
| いままで | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
先週の記憶を掘り起こし乍ら辿るガムランの曲。

あちこち行きたい所に自由に行って、堪能できる日。

ま拝
| いままで | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
基本、自分時間。
イエに居て、自由に食に関われる時間が取れることは
わたしにとってとても重要なポイントの一つ。

取材依頼が久々1件。近日。有り難や!

ま拝
| いままで | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
きょうは、
とうとうG病院のクリスマス会。
初なメンバーさんたちは、緊張の中で得難い体験が出来たと思う。
竹楽器と云うツールが、あたらしい役に立っていることが
わたしにとっても得難い体験です。ありがとうございます!

そして久々にタイコをてきとうにぽこぽこ叩く機会も。
楽譜見てるよりその場の音に反応してることが楽しい。
タイコはやっぱりいいねぇ!
タイコも久々なれど、フリーなのが久々だったのよね。
廻りがあってタイコが生きるし、タイコがあって廻りも生きるし。
やっぱりタイコの役割はおもしろいなあ。

ま拝
| いままで | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ