・・・表現の一交差点。めざせ交通安全!
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
この半年くらいの音楽
あ、自分が聴いてたほうのハナシ。

まぁ最近、おそらくご多分に漏れず、「音楽を聴く」という行為自体が
とにかく減っているというか、んなヒマないというか、
ヒマ?という言葉は適切でない気はしますが…
(そういう自分自身が音楽やってるワケなんで!)

ただ、たしか、春ごろ、久しぶりに
アフリカっぽいの聴きたいなぁーと、
昔聴いてたような民族音楽のMD掘り出しては
アフリカ的グルーヴを久しぶりに楽しんでいたような。
民族的な音楽の、最初に衝撃を受けたのはやはりアフリカ的グルーヴだったので。

で、たしかそのアフリカBGMがひと段落してきたころに
夕食のライヴでヴェルヴェッツをカバーして、
それで今度はしばらくそんな気分にまた久しぶりに浸かり。

それがまた落ち着く夏の入り口頃、たまたま古いジャズヴォーカル聴いたら
これがまたグッと入ってきて、
とにかく涼しい感じが季節的にハマったというか。
その昔、初めて買ったCDはジャズだったわたくしですが、
しばらくヴォーカルだけには興味がなかった。
好きな楽器たちがみんなバックに廻ってしまうのがもったいないと思って。
まぁ途中から、別の観点でジャズヴォーカルも少しは聴くようになりましたが。
そんなのをまた掘り出してしばらく聴いてたがそんなに種類も無く、
次第にふつうのジャズ聴きたくなってきて、
別にそんなにいっぱい持ってないけど昔買ったジャズを
今も少しずつ繰り返し聴いてる(主に車中)。

昔聴いたなじみの曲だけど、またちがうふうに聴こえたり。
新しいのも聴ければ聴きたいけど、その労力を今はなかなか払えないのもあるけど、
十分に久しぶりの音楽聴くの、今なりに楽しんでる半年くらいだった気がする。


…近況

(それにしても、カテゴリーが「いま」の投稿は、随分久しぶりなのではなかろうか・・)

ま拝
| いま | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
セミ
ぼっちらぼっちらと、少しずつ、やったり進めたりしておるけども、
お出かけ演奏機会はどうも今、なつやすみみたいですなぁ。
暑いし、ちょうどいい、有り難い。

きょうは池田山麓から金華山の脇を抜けて舟伏山の麓まで
クルマでシゴトに行きましたけど、
なんだか車の交通量がいつもより多かったなぁ。
おぼん、ですか?

金華山の脇で急いでおべんと食べ乍らセミの声を聴いていました、
アブラゼミと、たまにツクツクボーシ。
アブラゼミはあーんまなんも思わんのだけど、
ツクツクボーシとヒグラシは、好きですねぇ〜。
シーズンで最初の一匹、鳴き出したとき、わくわくわくっ!とする。

ヒグラシは明け方、ウラの山でうるさすぎて寝れんくらいの勢いのときもあるが…
山近くに棲んでる恩恵といたしましょう。
まるで風が音になったような。

ツクツクボーシは、とにかく夏の郷愁がギューッと凝縮してる。
あの責任の無かったころの、徳山で過ごした夏。
なーんていうとまったく、年寄りみたいだが。。
なんか、鳴き方の特徴も含め、いーんよ。

夏とか、暑いのは、そんなに得意ではないけど、
セミの声聴くのは、好きだなぁ。
ま、夏特有のキラキラしたかんじってのも、もちろんいいけど!

今日は日暮れに山から聴こえてくるヒグラシの声に
よもぎさんが「ひぐらし。ひぐらし〜。」と(驚)
私がいつもどれだけヒグラシひぐらしと騒いでるってことか…笑

ちなみに。今日夕方おさんぽ中、電信棒に止まって鳴いてる一匹のアブラゼミ発見、
よもぎさんに「ほらアブラゼミだよ〜。」と言ったけどあんまり反応なかったな。
伝えてるひとの感動が薄いのでせうか?笑

夜はだいぶん涼しく、虫の音が変わって来たよ。

ま拝
| いま | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
素晴らしい料理
昨夜のシンプルな炒めものの残りにシークワーサー加えて食べた残りの汁
を、
お仏飯3セット分の固くなったオヒヤ
に、
さばのへしこをほぐしたもの
と、
パルメザンチーズ粉
と、
大根葉とみょうがのおつけもの
と、
ブラックペッパー
で。


するするイケるわ。。。!!

ま拝
| いま | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
丸一
今日モ終ワリ行ク、イツモ通リノ美シイ毎日

0919

ま拝
| いま | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
自由のツバサ
かーちゃん山に登ったり、
かーちゃんの海で泳いだりして、

たまに、ばーちゃんのトンネルもくぐって

日々、自由の獲得を謳歌する!



ま拝
| いま | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
いまから・いまを
半年以上ぶりに出没情報、報告・予告まとめて更新。

誰が見てるかはともかく・・・
自分の記録と思い、刻んだ時間を記しているつもり・・・

報告は、竹竹バンブー隊だけが細々とちゃんと続いてるなとしみじみ笑
ほんに有り難や。。

予告は、まだTBAなれどとりあえず書き出しておく。
少しバラエティが出てきたのでね☆

ま拝
| いま | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
小さい人
ずいぶんとおっきくなったけれど
まだまだちっちゃい
無邪気な君。

色々と観察して、
日々学習して、
毎日成長していくんだから。

わたしも同じだけ大きくなっていかないと。

  2

ま拝
| いま | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
透明な存在
   

日々、色付いていきます。
永遠の師匠

ま拝
| いま | 16:17 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
ややこのおさんぽ


母上が、ここんとこのわたしの研究好物材料であるドーナツを
めずらしくレシピ通りに(本人談)つくってくれた。
とは云っても…生地が思ったよりゆるくてうまくできん!とヘルプが出て
成形に至る迄の微調整をおてつだい。
そして、揚げたてのドーナツ!



最近はおさんぽ1じかん推奨されてる面もあるのだが、
1じかんはやっぱどうも疲れる気がするの。。
30ぷんくらいがちょうどよいと自分は云ってる気がするので
調子を見つつ歩いている。
とりあえず、スピードはどうでもよいので
大股で歩くように(関節運動は大きく)とのことなので
大手をぶんぶん振ってのしのし歩いてる。



大手を振って歩いてるさまがよほどヘンだったのか。。
庭先でお手入れされてる見知らぬおじさまに声かけられた、
「さんぽにはちょうどよくなったよね。
 涼しいしね。
 鼻歌でも、うたいながら!」
長靴姿のおじさまは、ゴキゲンそうに声をかけてくれたので
なんだかこちらもうれしくなってにっこり返事して通り過ぎた。
大手を振って歩いてると、脳内BGMがついトトロのさんぽと同調するんだよね…
そんなかんじが伝わったのかなぁ?



18じに出発する夕方30分コースのおさんぽが今、オススメ。
朝も朝で朝らしくていいけど。
きょうは昼まで雨で、明日に向けてお天気になってく途中のそらもよう。
まず、まだ雲の多き中に遠く御岳の姿を確認。
秋のお彼岸間近だから、雲が多くてももうぼうやりと見えるようになってきている!
そして、歩いているあいだに反射の夕焼けが始まって空を変化させてく。く〜。
色の移り変わりが好きなんだよ日暮れ後は、とても微妙で。
だいたい日の出前なんてなかなか歩けんし。。
それにやっぱ朝と夕だとちがう、夕は色がなくなっていくほう。
空の色との比較で、同じ雲でも黒っぽく見えたり白くなったり。
そして黄色くなってきた稲穂が、次第に暗くなる風景の中で
まるで少し発光したような明るさを見せたりとか!
夏になるころは山側をよくあるいていたけど、
今は山はなんか薄暗いし、坂もイヤだし、田んぼきれいだし、
近ごろはもっぱら田んぼのあいだ・川沿いコースが主流なのです。
広い空をぼんやり眺めてとことこ、山からすこし離れつつ感じつつ。



おさんぽは、独りで歩くのがなかなかいい。
帰ってきて大体こうやってブログに書き留めるくらい、ふにゃふにゃ感じている。
(いやホントは独りじゃないんだけどね!)
でも、独りじゃなくてもいい。と云うかぜんぜんちがう楽しみ、
きのうは母上とわが家からいちばん近い喫茶店にモーニングへ歩いていったし。
誰かとおしゃべりしながらおさんぽするのもそれはそれで特別な時間。
旅といっしょで、独りなら独りの、誰かといっしょならそれの、
それぞれのよさがあるんだよね。
ま、旅でなくてもおさんぽじゃなくても、なんでもそうかー。

ま拝

| いま | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ
おさんぽねためも
どうもおさんぽにいくと、大体ネタがころがっておるようで。

きょうは久々1じかんコースの帰りみち
もうすぐうちってあたりの
暗闇が目前にせまる黒いアスファルトの上の黒い亀に遭遇。

アタマも手も足も甲羅も目もまっくろな、
手のひらよりひとまわりくらい大きいくらいの亀さん。

そいつはアスファルトの上を横断しかかってるようでしたが、
わたしに警戒してしまったのかそのゆっくりとした歩みすら止めてしまった。
いやしかし、そこはさクルマにひかれちゃうよ。
幸い、たまにしか車通りのない田んぼの間の道なので
わたしも亀の背後に廻ってしばらく見守ってみたのだが、

うごかん。
いよいよ暗闇とアスファルトに同化してくる。
これがネコとかイタチとかならもうとっくに居ないのに!
観察はしやすいが…しかし観察していてもまったく動きはない笑

その昔、田舎道をクルマで相方と走っていたらやはり道路上に亀が居て
相方がクルマを止め、その亀さんを手で持ち上げ道路脇に連れていったのだが
そしたら手がむっちゃくさくなった!!(理由不明)と云う経験を知ってるし、
いま近くになんか使えそうな手頃な棒きれとかもないし、、
ためしにスニーカーの先で亀のおしりのへんの甲羅を押してみた。
ずずず・・・
動くぞ!もはやこの方法しかない。
たしかおなか側も甲羅だから、少しくらいずってもだいじょうぶなはず…
と想像しながら、少しずつ、靴で道路脇に押していく、
「ココあぶないんだからね」と云って押していたら
もう少しで草むらってとこでクルマがやってきた!
ふぅ〜〜間一髪だぜ。
クルマも、不審なわたしの動きに神経を払うようなスピードで横を通り過ぎ、
無事亀を草むらの入り口まで押しやったので、帰路についたきょうのおさんぽ。

ま拝

| いま | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | このページのトップへ